終わらない香港デモと骨董品の話

この写真は、2014年11月の雨傘革命の時の写真だ。

当時も香港で美術オークションに参加していた。

朝8時30分ごろホテルから朝の散歩がてら、革命の中心地に赴いた。

学生や市民が中心になり、セントラルを封鎖するため道路を占拠するためテントで寝泊まりしていた。

早朝なので、イビキが聞こえてくるテントもあった。


2014年雨傘革命は香港の行政長官選挙に、中国共産党が圧力を加えたため市民が立ち上がったものだ。

当初、普通選挙が行われるはずだったが、全人代の過半数の支持が必要になり、

結局は、中国共産党の息のかかった候補者しか立候補できないものになり、香港市民が反発したものだった。

その後デモは香港政府が催涙弾やゴム弾などを使用して、強制排除した。


そして今、2019年8月、香港デモは、いまだに続いている。

逃亡犯条例改正案の成立に対し反対するデモであるが、もし法案が可決されれば、

中国共産党に都合の悪い人物を、半ば強制的に中国本土に引き渡し、その後の人権の保証は無いという。

その為に香港市民103万人が反対デモを今も行なっている。

その背景には、中国共産党を批判する書籍を販売していた店主が行方不明になったり、

法輪功学習者が中国本土の収容所で2019年までに4000人が

臓器狩りや暴力などの人権迫害などで不審な死を遂げている事もある。

デモ参加者には、もちろん法輪功の人々も多数参加している。


2019年8月1日のニュースで、香港のデモ強制排除のため、戦車やロケット発射装置、

ヘリからの爆撃などを行う軍隊が配備されるという。

これはまるで、1989年の天安門事件の再来ではないか。

香港市民の命の安全を祈るばかりである。


骨董古美術を生業にしていると、扱う商品や作者に関する、

歴史や時代背景も同時に学ばなければならない。

現代日本で我々が謳歌する自由は、あまりにも多くの人々の流した血が土台になっている。

香港の自由への戦いは、今まさに現在進行形の現代史だ。

もう一度、現代史、過去の歴史を勉強しなければならない。





G20大阪サミットと2019春季中国オークションの話


6月〜7月に中国では各大手オークション会社による春季メインオークションが、

複数同時に開催されていました。骨董古美術関係者の最も忙しい季節でした。

香港では天安門事件30周年に合わせて、デモが拡大され200万人の人々が参加したと言われています。

全市民数が700万人の香港で、デモに集まった200万人の民衆の力は中国本土にも影響を与えました。

そんなデモを横目に、他人事のように香港でもオークションは開催されていました。


一方、北京や上海では情報操作がされていて、香港のゴタゴタをネットやテレビで見ることは出来ません。

北京では厳戒態勢の天安門付近のホテルでオークションが開催されていました。

しかし、不落札が目立ち、売れているものも、5年前の5分の1〜10分の1の価格帯で落札されていました。

オークション会社によると、実際に売れても、支払いがされるのが、

1ヶ月後〜1年後なるなど不確定な要素が多いようです。

中国国内のの外貨不足が影響していると聞きました。

米中経済戦争の影響を、モロに受けているようです。


先日、日本の大阪ではG20サミットが開催され、各国首脳が集まり、

経済戦争真っ只中の、トランプと習近平が、安倍さんを挟んで長机に並んでいる写真を見たとき、

違和感が半端なかったです。


G20閉幕後に発表された、韓国のホワイト国リスト解除のニュースはインパクトが大きかかったです。

韓国のここ数年の外交活動の脇の甘さを、日本に突かれた形ですが、

制裁の本丸は韓国半導体企業ではなく、密輸先?の北朝鮮とイラン、最終的に中国がターゲットです。

軍事利用可能な製品にターゲットを絞っているようですが、

制裁対象のモノ以外にカネやヒトにも対しても制裁カードが用意されているようです。

アメリカが裏で手を引いて、日本が実行したことが、透けて見えてきます。

ついに日本も、経済戦争に巻き込まれてしまったようです。


平和じゃない世の中には、文化や美術は必要とされません。

しばらくは細々営業をする時代が来るのかもしれません。


8964天安門事件と中国美術オークションの話

6月1日から一週間くらい中国北京周辺では大手オークション各社が、

春季オークションを開催しています。

普段のオークションではなく、メインオークションとして、

選りすぐりの逸品が多数出品されています。


中国の芸術市場監測会社の発表によると、2018年の春季オークションの成立金額は

267億人民元(4,179億円)に登るといいます。

ちなみに毎年12月に行われる、2017の秋季オークションの総売上は

3,208億人民元(5兆円くらい)でした。


中国の大手オークション会社のバックには、中国共産党や人民解放軍がいて、

その国営企業の子会社のオークション事業部と言った位置付けです。

30年前、天安門事件が起きた北京周辺では、まさに今、中国共産党や人民解放軍の関係者によって、

春季オークションが行われているわけです。

当時、中国の民主化デモに参加した学生たちを銃で撃ち殺し、

戦車で轢き殺し、犠牲者は諸説あるが100万人とも200万人とも言われています。

ちなみに中国共産党の当時の発表では、発砲での死者は0人と言われています。


天安門事件は世界中のメディアに記録され、目撃されている事件ですが、

中国国内では、言論の統制があり、ネットの規制で検索もできない中国のタブーになっています。


BBCの記者が命がけのインタビューをする動画を見ました。

6月4日に市街でタンクマンの映像を中国国民に見せて感想を聞くと言ったものです。

インタビューされた全員が『知らない』と答えます。

答えている。というより、そうとしか答えられない。と言った感じに見受けられました。

そこに本当の自由はなく、中国共産党の影に恐怖で引きつる顔がありました。


福沢諭吉は学問ノススメで、天は人の上に人をつくらず。人の下に人をつくらず。と言ったが、

中国では天の上に共産党を作ってしまったのかもしれないです。


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 10ページ中1ページ目
美術品の無料査定・買取を承っております。0120-093-530